So-Bad Review

ハーレーTCソフティル・ニュースタイル : STINGRAY GZ

time 2021.05.02 view 2544 Views
Posted by in Harley Custom

 

なんと! 今年初めての投稿!!

今年初めての記事投稿となりまして… 全く面目ありません。言い訳となりますが、このコロナ禍にありまして、昨年末に弊社取り扱いの抗ウイルス特殊塗料 : GlossWell Type Anti-Viral (グロスウエル・タイプ・アンチバイラル) が、新型コロナウイルそのものを使った抗ウイルス試験にて有効であるとの判定が第3者機関で出てしまったものですから、今年の初めから現在に至るまで様々な問い合わせや質問、来客が殺到となってしまっておりまして、中々ブログを更新する時間を持つ事が出来ませんでした。

既存の設備やモノにコーティングをするだけで即効性を伴った抗ウイルス機能を有する特殊な塗膜が構築をされまして、不特定多数の人々が触るモノに対しての接触感染予防が期待出来ますので、皆様の日常に置きましても是非お役立て頂ければと思います。

新型コロナウイルスに関係する仕事を1年以上携わって参りまして、その中で実際に感染をしてしまった多くの方々を知る事となりました。世の中には『新型コロナなんて風邪やインフルエンザ程度だろ』などと言う方がおられる事も承知をしておりますが、実際はとてもそんな生優しいモノでは決して無く、時間にして2週間近くはとにかく相当に苦しんだ事を感染をしてしまった方々は異口同音に述べられます。また後遺症の恐怖についても同様に… ですので、どうか絶対に新型コロナウイルスには感染しないで下さい。

▶︎ GlossWell Type Anti-Viral 詳細

 

STINGRAY GZ

私が対新型コロナウイルスの仕事に忙殺されつつもBAD LANDとしての日常は変わりなく、と言うよりもこれは二輪業界、はたまた自動車業界も同様であるらしいのですが、昨年の1回目の緊急事態宣言直後より急にご依頼を頂く仕事が増えまして、こうした状況下に置いて大変な思いをされておられる業界やお仕事の方々が多々いらっしゃる中で、我々の場合はとても有り難く、また助けて頂いている事を実感しつつの1年でありました。

そんな中で完成を致しましたこちらのカスタム。2017年式 TwinCam SoftailのBreak Outがベースとなりますが、実は昨年の秋頃、一度御納車をさせて頂いた車両なのですが、初めて仕事を依頼したカスタムペイントショップのその仕事っぷりが余りにも酷くお粗末でありましたので、今回オーナー様よりお時間を頂戴し、弊社馴染みの全く信頼の置けるプロ・カスタムペイントショップにリペイントをお願い致したカスタムです。

写真からもお分かり頂けるかと思いますが、ボディー全体に艶やかなクリアー層の存在をご確認頂けるかと思います。またこのカスタムの最大の見せ場と申しますと、それはこの何とも斬新なデザインにてフィニッシュを致しましたガソリンタンクでありまして… STINGRAY (スティングレイ) ガソリンタンクと、そう命名をさせて頂きました。

これはまさに100%弊社オリジナルのスタイルとなりまして、これ以降、積極的にこのデザインによるガソリンタンクを製作して行こうと思っております。本日の所は、先日スタジオで撮影をした中より数枚の写真をご覧頂いておりますが、早々に弊社WEBサイトに専用のページをアップさせて頂きますので、詳細は是非そちらをご覧頂きたく思います。