So-Bad Review

ガソリンタンク・ワンメイク! NEW スタイルにて!!

time 2020.07.03 view 1992 Views
Posted by in Harley Custom, One-Make

モチーフはV-ROD用エアーボックス : duke!!

以前より “Softail用に、BAD LANDオリジナルのV-ROD用エアーボックス : dukeと同じ形のガソリンタンクを作って欲しい” とのご要望を何度か頂戴する事がありまして… 形状が複雑であったりですとか、忙しさにかまけて装着した所のイメージを掴み切れなかった等々の理由によりお断りをして来ていたのですが、この度重い腰をやっと上げまして、そんなデザインによりますガソリンタンクの製作に着手を致しました。

以下写真がV-ROD用エアーボックス : dukeです

こちらが弊社オリジナルのV-ROD用エアーボックス : dukeでありまして、大きな曲線を用いた大胆なデザインが非常に印象的なエアーボックスです。V-RODをご所有の方々からは多くの支持を頂戴致しており、弊社のV-RODカスタムを語る上では欠かす事の出来ないアイテムとなります。

板金にてdukeを表現

V-RODの場合ですと、こちらのパーツは所謂エアークリーナー・カバーでありまして底面は存在しておりません。しかし、今回はこのデザイン、この形状にてガソリンタンクとしなければなりませんので、話はそう簡単には行きません。タンクの長さに関してはメインフレームの許容範囲がその基準となりますので、これに関してはその実際のフレームの数値に従うと致しますが、当初何もより私達の頭を痛めた事はタンクの幅や高さ等々のボリューム感に関してでありまして、とにかく全くの初物故、これで全て良しとのジャッジを下すまでには、あ〜でも無い、こ〜でも無いと言う試行錯誤を何度も繰り返す訳であります。それでも今回の場合は着地すべき到達点は既にカタチとして目の前にありますので、想像をしていた割には比較的早い段階で最終的な形を得る事が出来たと思います。

お客様ご指定のTAKEGAWA社製のスピードメーターをマウント。小ぶりなサイズ感がこのタンクによく似合っておりまして… もちろんハーレー純正のスピードメーターの取り付けも可能です。ガソリンキャップはイギリス : NEWTON社製のAERO 200を採用。フェラーリF40やマクラーレンのF1カーなどに純正装着部品として使用されていたガソリンキャップでありまして、当初よりこのキャップは必ず使用する事を決めておりました。また今回、お客様のご要望により専用のプレートを製作しCHROME HEARTS製のクロスもマントさせて頂きました。

当時にリアフェンダーの製作にも着手を致しておりまして、今回のワンメイクの作業を通じ、今までには無かった弊社の新たなカスタム・スタイルの構築を目指しております!!