ccp 9

ハーレーカスタムにおけるハイテクとは… それは究極のローテクの事、也。

10数年前よりドイツに通い続け、現地のカスタムビルダー達の仕事を間近に見つつ、
そんな事を痛切に感じました。

気が付けば、いつの頃よりか、弊社も同じ道を進んでいた訳でありまして……
確かに、ワンオフパーツの開発や製作は、相当にハードで且つ割の合わない世界ではりあますが、
それでもこのガーターフォークの様に、とんでも無いモノが現実となって目の前に現れますと、
やはり、とてつもないワクワク感、高揚感に見舞われる訳でありまして、
その感覚は、ハーレーに完全にノックアウトを喰らった若かりし頃の時と、
未だ、何ら変わりはありません。。。

キャブレター仕様のハーレーが無くなり、水冷のハーレーまでもが登場しと、
この10年の間に、ハーレーを取り巻く環境は大いに変化を致しました。
が、世の中がどんなに変化を遂げようとも、或は進化を遂げれば遂げる程、
その流れに乗る事が出来ず、しまいには降りてしまう自分が常に居る訳でありまして、、、
そんな中でカスタムの事等を考えたりする事が、やはり面白く無いのでありましょう。。。

ccp 10

だからと云う訳でもありませんが、殊に最近、ボクの場合、
何かと、こう「鉄」が無性に恋しくなる方向にありまして、
アルミも勿論良いですが、インジェクションだろうが、V-RODだろうが….

やはりハーレーのカスタムと云えば「鉄」

ボクが完全にハーレーの乗り手であった20年前以上、エンジンの修理やチューニング、
はたまたカスタム製作等々、このハーレーの世界は、まさに究極のローテクにより成り立っていた
訳でありまして、全国の各SHOPのオヤジさん達が、腕を振るい、競い合っておりました。。。

そんな状況の真っ直中で、ハーレーに浸食されてしまったボクですから、
そのベーシックな考え方や感じ方を、今更変える事などは到底無理な訳であります。

弊社の場合、曲線を多用した近未来系のデザインであったり、ワイドタイヤであったり等々、
イメージ的にはハイテク系カスタムの、その最先端的な捉えられ方だとは思いますが、
そのスピリット的な部分に置きましては、相も変わらず、やはり常に「鉄」な訳でありまして…….

究極のローテクを、これからも極めたいと思う次第です。

そんな中で、完成を致しました弊社オリジナルのガーターフォーク。しかもV-ROD用…..
勿論、ネック部分のサイズを変更すればハーレー全モデルにお取り付け可能です。
が、リリースにあたり、あえてV-ROD用と名乗るこの辺りの感覚。。。

ボクのロックン・ロール的なスピリットも感じて頂けましたら幸いです。

ccp 11

ccp 12

ccp 13

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
[ブログ村ランキングに参加中!!]
皆様からの応援だけが頼りです! !
以下ランキング・ボタン…. 毎日、どうか、こう、ポチッ! と、お願い致します!!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村 ▲ プリーズ・クリック! 皆様、応援の程ヨロシクお願い致します!!
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +