h27


もう、あと、ほんのチョットだったのですが….


皆さん、こんにちは。”蓮妃QUEENを世界に羽ばたかせよう”の会 : 会長のクワイです。今週の月曜日、8/21のお昼頃だったでしょうか、事務所にて1本の電話を取りました。その電話は、都内にあります映画やドキュメンタリやCMの製作会社からでありまして、担当の方から告げられた話の内容に僕はすっかり舞い上がってしまいました。

その具体的な国の名前をここでお伝えさせて頂く事は控えさせて頂きますが、それはもう皆さんが良く知っていらっしゃっる超大国でありまして、その国にあります飛行機会社のCMに、”ウチ”の蓮妃を貸しては貰えないか… と言う内容だったのであります!!! 撮影場所は、マーレシア。そしてまた『大変申し訳無いのですが』との前置きの後、スケジュールが少々タイトである事を告げられまして、出発は8/26。そして/27、/28、/29と撮影を行い、8/30の帰国予定との事。しかし、幾ら急な話であっても、こんなビッグな話を断る理由などはどこにもありませんから、僕は、それこそ本人に確認もせずに、とにかく即OKをさせて頂き…

撮影のコンセプトは、ずばり! アティテュードに満ちた JAPAN COOL。そして、バイクでの走行シーンも多々ある事から、今回、蓮妃QUEENに白羽の矢が立った次第でありまして、まさに彼女にピッタリのストーリーな訳であります。直ぐ様、蓮妃QUEENに連絡を取り、事の次第を伝えつつ、彼女のスケジュールなどを確認し、そしてまた、先方の担当の方と諸々の打ち合わせを行いつつでありましたが、そうこうしている内に、ロンドンに居る今回のCMの製作プロデューサーの方から連絡が入りまして、撮影監督のたっての希望により、今回のCMではバーンナウトやドリフト、更にはスピーンターンなどのアクションシーンを多々取り入れたいのだが… との事。

そんな事、蓮妃QUEENに出来る訳ないでしょ!!

それでも『QUEENさんを強く押しますから!!』とご担当の方は言って下さいまして、結局、我々はロンドンに居るプロデューサーと監督、そしてクライアントの判断を待つ事になった次第であります。

そして、本日の早朝、6:09にメッセージが入りまして、そこには残念ですが、そして大変申し訳無い結果になったとの一報が。。。今回の撮影では、どうしても、アクションシーンを外す事が出来無いとの事でありまして… ご担当の方には、蓮妃QUEEN & 女性スタントと云うラインで強く押して頂き、更にロンドンでもその旨協議をして頂いていた様なのですが、とにかく今回はとても残念な結果となってしまった次第でありまして…

彼女の姿が、世界中のTVや映画館で映し出される場面を思い切り想像してしまった故、僕の場合、本日あたりはかなりの拍子抜け状態でありますが、もっとガッカリしているのは、やはり蓮妃QUEEN本人でありましょう。。。この記事、facebookに流させて頂きますので、日頃より蓮妃QUEENを応援して下さっている皆様。どうかfacebookにてこの記事をシェアをして頂き、更には彼女に励ましの言葉を掛けてやって頂きたく思う次第でありまして。。。どうか、よろしくお願い致します!!!

h49

h85