29
May. 2017

V-ROD。。。

vr 1


凄くて胸のすく様なV-RODカスタム


今年でラインナップから姿を消す事となったV-ROD。こんなに良いバイクを、どうして廃盤とするのか… ハーレー本社でも、諸々、喧々諤々の議論があった事ではありましょうが、イマイチ腑に落ちません。が、しかし、国内には、走行距離が少なく、程度の良いV-RODがまだまだたくさんありますから、こちらの状況と致しましては別段、何も変わらず。むしろこうした逆境にブチ当りますと、ますます闘志が湧いてくる性分であります故、これからも凄くて胸のすく様なV-RODカスタムをガンガン造ってやるぜ!! と、そう思っている所です。

走っている姿こそ、美しい!!

私は、V-RODのスタイリングそのものが、まずは大好きでありまして… レイクのキツいフロント周りや、ロー&ロングなボディー。長さで言ったら、Softail系とほぼ同じでありますからね。。。ハーレーでは異色の高回転型エンジン。REDゾーンは9000回転から。120km/h 超えあたりからの粘っこい加速感とあの独特なエンジンのフィーリングは、一度味わってしまうと心を鷲掴みにされてしまいますのでご注意を! などと。。。

そして、何よりもなのですが、V-RODほど、走っている所の姿が美しいバイクを私は知りません。地べたを這うが如く、とにかく低くてカッコが良い!! 時々、街中で走り去るV-RODを見る度に、いつもそう思います。ですので、V-RODオーナーの皆様。ライディングをされている時、ストリートのオーディエンス達からは、相当に熱い視線が注がれておりますので、どうかその点を十分に意識され、大いなる自信と共に、今後も深くV-RODと関わって行かれて下さい!!

vr 2

vr 3

vr 4

vr 5