bl777
 

最先端のセラミック系ハイブリット・コーティング・テクノロジーにより、夢の”艶あり耐熱クリアーコート”が遂に実現!!

 
皆様に、謹んでご報告申し上げます。
21世紀の初頭、2015年7月吉日。
日本の最先端科学技術者達が、足掛け6年にも及ぶ歳月を研究開発に費やし、
遂に300℃〜500℃以上の高温に常に熱せられるエキゾーストであっても、
その艶を決して失う事の無い、驚異の艶あり耐熱クリアーコートの開発に遂に成功致しました!!

aa3333

世界中で出回っております、耐熱クリアー塗料の全てを調べた訳ではありませんが、
おそらく、これは世界初の快挙かと….
何故なら、BADLANDをスタートして以来15年間もの間、
いや、それは全くの乗り手であった頃もそうでしたので、
通算で云えば約30年近くの間、私は、艶やかなる黒いエキゾーストをずっと欲しておりました。
 

艶のある黒いエキゾーストって、今迄無かったっけ….???

 
皆様は、そう意外に思われるかも知れませんが、
人類の英知と科学技術が発達を遂げ、遂に人類が月に到達し、更には、PCやインターネットが世界を変え、
そして、我らがハーレーにおいても、V-RODなる水冷式のモデルがリリースとなり、
気が付けばBIG TWINの全てがインジェクション仕様となったこの21世紀においても、
高熱に熱せられるエキゾーストに艶を持たせ続ける事は、今迄の技術では全く不可能だったのです。
その証拠に、弊社歴代のカスタムをご覧頂ければ、それは一目瞭然。。。
それら全ての黒いエキゾーストはと云いますと、そのどれもが100%艶消し仕様でありまして。。。
もし仮にこの世の中に、エキゾーストに対応する艶ありの耐熱クリアー塗料が存在をしていたら、
その塗料、とうの昔に弊社で使用致していたはずでありますから…

( Q ) : ブラック・クロームがあったじゃないか!!
( A ) : 確かにエキゾーストを艶ありの様に光らせる事は出来ますが、エンジンヘッド部分の付け根からその先30cm位の間で、残念ながらブラッククロームは、それも比較的早い段階で剥げ落ちてしまいます。

( Q ) : ブラック・パウダーコートでいけるんじゃないの??
( A ) : 高熱となるエキゾーストに、パウダーコートを施行する事は出来ません。

( Q ) : 黒くて艶のある耐熱缶スプレーってあるんじゃないの???
( A ) : いいえ、その様な製品は世界中何処を探してございません。もし、あったとしたならば、既に多くのパーツカタログで採用されているでしょうし、それこそAmazonで購入も可能となっている事でしょう。まずもって、長年に渡り艶ありエキゾーストに拘ってきた私の事ですから、その様な製品の存在を見逃す訳がありません。

( Q ) : 艶のある黒いフルエキゾースト・システムって、売ってなかったっけ???
( A ) : カスタム・エキゾーストをリリースしている海外の有名メーカーの製品を全てのご覧下さい。ブラック使用のフルエキゾースト・システムは、この数年来大人気でありますが、それら全てのメーカーからリリースされている黒いエキゾーストの中で、艶あり黒のエキゾーストのラインナップは皆無です。
※ ヒートガードのみに艶ありの黒加工を施している製品は存在をしているかも知れません。

cr 002
 

どうか、よく思い出してみて頂きたい。。。

 
例えば、カスタムショーなどで展示されている車両の中に、艶のある黒いエキゾーストを装着したカスタムをご覧になった事はありましたか??? あるいは、ハーレー雑誌に掲載をされている幾多のカスタムの中で、そのようなエキゾーストを装着している車両があったでしょうか?? たぶん、それは一台も無かったはず。そう言い切ってしまえる程、エキゾーストに艶のある加工を施す事は、今迄ほぼ不可能だったんです。。。

何よりも、艶やかなるエキゾーストを抱える事により独特のオーラを放つハーレーの佇まいは、これはもう驚く程にCOOL!!

そんな新たなカスタムのご提案が可能となりました事を、まずは真っ先に皆様にご報告申し上げます。

最先端のセラミック系ハイブリット・コーティング・テクノロジーにより遂に実現した、夢の艶あり耐熱クリアーコート… 名付けまして [ BLコート ]

その詳細は、明日以降、つぶさにご案内をさせて頂きますので、どうかご期待下さい!!!

cr 003