harleydavidson_custom-01
 

ハーレーをCOOLに撮影しよう!!

 
前回の [ カスタムハーレー撮影 : クワイ ケイイチ的写真術 #1 ] … これが思いの他好調でありまして、その記事に関するページビュー数等を計測出来るサイトで、中々にして良い数字を叩き出していたものですから、当の本人はかなりのご満悦。そんな訳で、早速、その第2弾となります記事を書かせて頂こうかと。。。 付きましては、本日のテーマは 『ハーレーの全景写真』に関してです!!

ハーレーカスタム写真撮影術 #1
 

1 : ハーレーの全景を撮るなら遠い所から撮影すべし!!

 
遠い場所からハーレーを狙って撮影を致しますと、その全体像を歪みの無い状態で撮影する事が出来きまして、まさに見たままでのディティールで愛車を写真に納める事が出来ます。一般的に望遠レンズでは、その圧縮効果を使ったテレ側 (望遠側) での撮影が、そのらしさを発揮する撮影方法とされておりますが、ボクの場合は、いかにハーレーをクッキリ見せるかに全てがかかっておりますので、今回は、その圧縮効果云々のお話は飛ばさせて頂きたく… 結局、望遠レンズ特有のその圧縮効果を利用して、歪みの無いハーレーの写真を撮っている訳でありますが… 〜200mmくらの焦点距離を有するレンズをお持ちでしたら最高です!! 仮に単焦点の300mmレンズなんて云うバケモノレンズをお持ちでしたら、どうかちょこっとだけボクに貸し下さい… (^^;)

とにかく、望遠レンズなどには拘らず、ハーレーの全景を撮影する際は、まずは可能な限りハーレーから離れて撮影をしてみて下さい。真横〜やや斜めのアングルでしたら、レンズの絞りは開放気味で撮られるのがオススメです。背景がぼけて、バイクのシルエットがよりシャープに写るはずですよ!!

harleydavidson_custom-02

harleydavidson_custom-03

■ 上のカスタムハーレー撮影では、下の写真にあります Canon の EF70-200mm F2.8L IS II USM と云う、望遠ズームレンズを使って撮影しました。たいがいハーレーの全景を撮影する場合はこのレンズを使用しています。この時、カメラから被写体間での距離は、それこそ20m〜は離れているのでは無いでしょうか。 とにかく、ハーレーの全景写真を撮る時は、なるべく遠くから撮影をする事を心がけておりまして… ただし、この時、もちろん、三脚は必須となります!!

photo 03
 

2 : 近接にて迫力のある全景写真を狙う場合!!

 

2-1 : Canon EF85mm F1.2L II USM / 中望遠だと優等生的な…

 
下の写真は焦点距離85mmのレンズを使って撮影を致しました。幾分、長めの焦点距離ですので、ハーレーからは7〜8mは離れる事によって、その全景をファインダーに納めています。そして、撮影した写真ですが、ハーレーのサイズ感や寸法感、全体のディティール等、正確に表現されておりまして、これはこれでOKかと… しかし、どうも、ただそのまま撮りました感が否めず面白くありません。且つCoolさやワイルドさにも欠ける次第でありまして。。。そこで…..

photo 01

■ Canon EF85mm F1.2L II USM : 中々にして、しっとりとした、例えるならばビロードの様な写真を撮る事の出来るレンズであり、ここ一番!! 的な時によく使っております。ただ、開放付近でのピント合わせはかなりシビアであり、またレンズの重量が相当に重く、ボク程度の体力でこのレンズを使いこなすのは至難の業。。。持ち出す時はには、かなりの気合いが必要となるレンズです。

photo 04
 

2-2 : EF35mm F1.4L USM / 広角レンズでワイルドさを表現しよう!!

 
そんな時は、広角レンズを引っ張り出す事に致しておりまして… また、特に、車体左側斜め前方からのアングルは、バイクが左に倒れ込んでいる事も手伝って、カッコ良く撮影をするには中々にして難しく、ボクの中では苦手意識の強いアングルです。とにもかくにも、この場合は焦点距離の短い35mmの広角レンズを装着しまして、よりググっとバイクに近づきます : この時、バイクとカメラの距離は1m足らずではないでしょうか。そして広角レンズ特有の歪みの性質を利用して、フロントホィールからリアに流れるラインに大いにデフォルメを利かせる訳です。すると如何でしょう? 上の写真とほぼ同じ様なアングルですが、ハーレーに魂が籠ったとでも云いましょうか、とにかく写真から伝わる迫力や存在感が全然違うと思われませんか??? 撮る側の、ハーレーに対する愛情や熱き想いまでもが写真に写し込まれている様でありまして… レンズの焦点距離の使い分けで、同じハーレーの全景写真であっても、かなり性格や性質の異なった写真を撮る事が出来ると思います。時に望遠側で引いて、時にワイド側で近寄って等々、被写体からの距離を強く意識しつつ、お持ちのカメラで是非色々と試されてみて下さい。ただし!! 常に垂直と水平は念頭に置かれ、シャッターを切られる事をお忘れ無き様!!

photo 02

■ EF35mm F1.4L USM : 標準レンズと云えば50mm、と、思いがちでありますが、昔はこの35mmサイズを標準レンズとしていたそうでありまして… ボクはすっかり50mmで慣れてしまったので、このサイズにも若干の苦手意識がありまして。。。と、そんな偉そうな事を云っている暇がありましたら、とにかくカメラに取り付け、このレンズで思う様な写真を撮れる様になるまで、ただひたすら修行あるのみでありますね… 次回は第3弾となりますクワイケイイチの写真術。。。どうか、乞うご期待下さい!!

photo 05

+ + + + + + + + + + + + 今日もご訪問ありがとうございました! + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへブログ・ランキング参加中! 応援クリック宜しくお願い致します!!
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +